ダイエットを成功させる秘訣は頑張りすぎず、毎日続けること

頑張りすぎず、毎日続けること

daieter

特に女性にとって、ダイエットはとても関心のあることだと思います。
今はダイエットというと一般的な言葉になっていますが、一昔前まではそれほど大きく取り上げられることがなかった気がします。
では、なぜ最近になってダイエットがこれほど注目されるようになってきたかと言うと、食べることが
生きるためや習慣ではなく、趣味や娯楽として扱われるようになってきたからではないでしょうか。
甘いものや油っこい食べ物を心ゆくまで食べると、自分の欲求が満たされたような気分になります。
一度脳がそれを覚えてしまうと、また同じものが食べたくなり、今度は前に食べた量以上を身体が欲するようになります。
すると、どんどん食欲がわいてきて自分の欲するままに食べ、その結果太ってしまいます。
ダイエット方法については、テレビや雑誌でも頻繁に取り上げられています。
これを食べると痩せる!とか、ダイエットに良い食品はこれ!など、メディアで扱われるとすぐに
みんながこぞって試しているような風潮があります。
でも、これだけ多くの方法が流行っては消えていくことを見ていると、結局はどの方法も
それほど効果は期待できないということだと思います。
ダイエットの王道は、頑張りすぎないこと、毎日続けていくこと。これが一番の近道ではないでしょうか。
ダイエットを始めると、甘いものやお肉を一切やめたり、極端に食事量を減らしたりしようとする方が多いと思います。
しかし、これまで好きなものを好きなだけ食べてきた人がいきなり食事制限をすると、当然ストレスが溜まります。
そして、今日ぐらいは食べてもいいかな~、明日も友人とランチがあるからダイエットはお休み、などと先延ばしになり
失敗してしまうケースが多いのです。
それならば、好きなものを食べて、今日は少し残してその分野菜を多く食べよう、とか、
ランチに行ってもヘルシーなメニューを選んで食べるなど、無理をしないことが成功の秘訣です。
小さなことですが、毎日続けるとかなりの差が出てきます。
また、ダイエットを始める前に明確な目標を決めることも大切です。
ゴールがないと、どうしてもその過程はあやふやになってしまいがちです。
あらかじめゴールを決めておくことで、そこまでは頑張ろうという気になりやすいし、
達成したご褒美を考えることも楽しみになってきますよね。
ダイエットは、日頃の食生活や自分の健康を見直す良いきっかけになることもあります。
無理なくコツコツ続けていくことをオススメします。

糖質制限ダイエットよりもお茶を飲んで体もすっきり

 

ここ最近糖質ダイエットというものがあちらこちらに出ていて、雑誌やインターネット上で効果が出ているということを書かれているのですが実は糖質制限ダイエットというのは誰もができるというものではなく、持病もていない人だけができるダイエットです。
持病があるのに糖質制限ダイエットを行ってしまうと持病が悪化することもあります。例えば糖尿病で腎臓に合併症がある場合や心臓や脳に病気がある場合もリスクが高くなってしまうからです。
たとえそういう人じゃなくても普段からジョギングなどで運動している人でも低血糖を起こすこともあります。
それに糖質制限ダイエットはリバウンドもしやすいダイエットです。一度、食事を元に戻すと一気に太ります。ただし糖質制限ダイエットは体を壊す可能性が高いです。だからこそダイエットプーアール茶による体の中からきれいになるダイエットはとても理想的なのです。

では、どうしたら糖質制限しなくてもダイエットができるのかというと毎回の食事の内容を気にすることがキーワードになってきます。
食事の回数は1日3回主食・主菜・副菜・汁物というようにバランスがとれる食事を心がけるだけでも効果が出てきます。主食だけとかおかずだけというと栄養バランスも悪くなるし、体調を崩す原因にもなりかねません。また、食事の回数が少なければそれだけ太りやすい体になってしまいます。
また、糖質には心筋梗塞や脳梗塞のリスクを減らす効果があるので少なくても3食きちんととるべきものであります。
それと食べる順番も意識することでやせやすい体になります。
例えば一番先に食べるのはサラダなどの野菜から食べ始めるのがいいといわれています。これは血糖値を急激に上げることを抑える効果があるのと野菜はよく噛んで食べなければいけないものなので満腹中枢を刺激して食べ過ぎを抑える効果があるからです。
その次に食べるのはたんぱく質です。
よく、「肉は太るから」といって敬遠されがちではありますが、肉もダイエットの味方です。特に、豚肉や牛肉は脂肪を燃やしてくれるLカルニチンが含まれているしたんぱく質を取ることによって筋肉を増やすことができるのです。筋肉が増えれば基礎代謝が高まり脂肪がその分燃えやすくなります。
汁物は水分補給もできるのですが、具材によってはダイエット効果があるものもある上満腹中枢を刺激することができるので食べ過ぎを防ぐ効果があります。
いずれにしろ糖質制限で完全に抜いてしまうと体への負担が大きいのも事実です。
糖質制限ダイエットをするくらいであれば、バランスよく食事をとってよく体を動かすことが健康的なダイエットになるのではないかなと思っています。

参考サイトはこちら ダイエットプーアール茶口コミなら
http://www.cultclub.ch/

カーヴィーダンスで女性らしい体になって可愛くなるんだよ!

女性らしい魅力的な体を手に入れる為に、カーヴィーダンスに挑戦してみました。運動で痩せたいと考えている方の参考にしてもらいたいので、私の体験をご紹介します。仕事を始めた頃の私は、仕事になれずにグ~ダラな生活を続けていました。あれよあれよと言う間に脂肪が付き、職場でのあだ名が「お饅頭ちゃん」にってしまいました。同じくお饅頭体型のおじさん上司にまでお饅頭呼ばわれし、さすがにダイエットを決意しました。カーヴィーダンスはDVDを見ながらでき、キツい動きがないので運動が苦手な人でも楽しく出来るかもしれません。DVDは4つのブロックに分かれていて、1つ10分くらいで終わります。全て合わせると45分程かかるので、忙しい時や疲れがひどい時は好きに組み合わせることができます。初めの頃は慣れない動きに四苦八苦することもありましたが、だんだん体が慣れてくるので続けることが大切です。1日目はDVD通りに動くことを重視しすぎてあまり効いていなかったのか、筋肉痛にはなりませんでした。2日目には動きにもついていくことができ、お腹に効いているのが分かりました。4日がたった朝、お腹か少し硬くなったように感じました。お腹と言うよりは、お腹の中の方でコアと呼ばれている場所です。まだまだ脂肪が邪魔で見た目は変わりませんが、私だけが分かる変化がありました。カーヴィーダンス中はお腹に力を入れることを心がけていてるせいか、普段の生活でもお腹に力を入れる習慣が付きました。お腹に力を入れていると背筋も良くなり、カーヴィーダンスとの相乗効果で良いことだらけです。その後2か月試した結果、ウエストが-6.7cm、体重が-4.2kg減りました。体調がすぐれなかったり、旅行で出来ない日もありましたが、この結果には満足しています。写真で見比べてみると、数字で見るよりも効果が実感できます。まだまだ職場のみんなをあっと驚かすほど痩せてはいませんが、体が引き締まったことが嬉しかったのでこれからも続けていこうと思います。楽しくやっていけるので、長期でのダイエットを考えている方には試してもらいたいです。

cmsちゃん式!生姜紅茶ダイエットが捗ります

体温が低く運動をしても体温がなかなか上昇せず代謝が悪い人は結構いると思います。私も平熱が35度前半で運動をどれだけしても代謝が悪くダイエットが捗りませんでした。思ったよりも体重が減らない毎日が続き、代謝をあげるために筋肉トレーニングなどをしたのですが平熱は変わりなく運動を終わらせると途端に体が冷えてしまうような体質でした。
そこで色々と調べているうちに、生姜紅茶というものに出会ったのです。
生姜は代謝をあげるのによい、というのはなんとなく知っていました。ですから食事にも生姜を取り入れるようにしていたのですが、摩り下ろした生姜だとすぐ体が冷えてしまい代謝が悪くなる、など通説なのか都市伝説なのかよく分からないような情報もあり、どれも信用するに値しないものばかりでした。
生姜紅茶は、市販の生姜紅茶でもいいですし、自分で生姜を摩り下ろして紅茶に入れてもよいのだそうです。
私は最初自宅で生姜を摩り下ろして入れていたのですが、毎回生姜を摩り下ろすのがめんどくさいことや生姜が沈殿してしまうこともあり飲みづらさを感じてしまいました。
そこでスーパーなどで販売している生姜紅茶に変更しました。
毎朝一杯の生姜紅茶を飲むようにし、飲み終わってから通勤がてらウォーキングもかねて会社へ行くまでの一駅を歩くことにしたのです。
開始したときは冬だったのですが、私は体温が低いだけあって体がすぐ冷えてしまうタチです。
しかし生姜紅茶を飲んでから歩くと体が長時間暖かいのです。
今まで通勤中に汗をかくことがなかったのですが、汗をかくようになりました。効果は最初だけかもしれない、と半信半疑で続けていたのですが三ヶ月ほど継続していても体は温かいままですし、平熱も35度後半まで上がるようになったのです。
ダイエットもおかげで捗るようになり、運動してもすぐ冷えない体と活発に動けるようになりました。体重の減りも早くなりましたし何より、今まで簡単に冷えてしまっていた手先などが冷えなくなったことがありがたいです。
ただ難点として、利尿作用がありますのでウォーキングしているときにトイレに行きたくなるので注意が必要です。

女の子の整理前のダイエットってどうしたらよいのかな?

女性は生理前になるとどうしても体重が落ちづらくなってしまいます。それは体が妊娠した、と思い込み子供のために水分を蓄え体を丈夫にしなくては、と思うからなのだといいます。生理が始まってしまえば体の勘違いがとけ体重は落ちていくのですが、せっかくダイエットをしているときに浮腫みで一時的にとはいえ体重が増加してしまうのはダイエットをしているモチベーションが下がりますし続ける気にもならなくなってしまいます。
生理前だから仕方がない、と割り切れる精神ならよいのですが全員が全員そうではありませんしそこまで精神を鍛えるのもしんどい話です。
ではどのように対処していけばいいのかというと生理になる一週間くらい前から豆乳を飲むようにするのです。
豆乳であれば何でもいいです。飲む時間も決めていませんしカフェオレに混ぜてみたりミルクティにしてみてもかまいません。ただし、生理前一週間だけ毎日飲むのであって生理に関係なく毎日飲んでいると個人的な印象ですが効果は薄くなります。
生理前に飲むことで、生理が始まる前の体の浮腫みも薄くなりますし生理が始まったとき体重がすとんと落ちるのです。そしてこれは個人的に一番ありがたかったのですが生理痛がないのです。
今までは生理一日目もしくは二日目に相当重たく体が動かないくらいの生理痛があったのですが、豆乳を飲むようにしてからそれがなくなりました。
おかげで生理のときでも自宅で運動ができるようになったのです。生理のときはどうしても運動をする元気や体力がないので体重もあまり落ちないし気分も優れないのですが、豆乳のおかげで体力も落ちないですし、むしろお腹も膨れますので食事量もあまり増えませんし自分の体調も管理ができますので生理前と変わらずにすごす事が出来るのです。
痩せやすい体つくりというのは自力だけではなく食べ物や飲み物でも行うことができるのだ、と知りこれからも生理前には豆乳を飲むことを続けようと思っています。